質問&回答

一般質問

Q

リンク以外、他にどんなデータが取得できるのか?

A

お客様の需要次第です。ブラウザでスクリーンショットをすることによって、空間写真、ビデオ或いはそれ以外も生成できます。

Q

室内部屋の場合、建物全体の連続フロアのモデリングにサポートできるか?

A

可能です。複数のフロア空間を同じモデルに取り入れることが可能、但し、総面積は1500メートル以下をおすすめします。それを超えたらモデルのアクセス効果と速度を影響する。

Q

スキャンは全自動なのか?スキャンしている間は作業員にどんな作業が必要なのか?

A

設備が単独スポットに対するスキャン作業は全自動である。スポットの間には作業員がカメラを手動で移動させる必要がある。スキャンしている間に、作業員はスポットを設置し、ipadバージョンのAPPでスポットを企画する必要がある。

Q

どうやって設備を使用して室内の空間をスキャンするのか?

A

まず、設備が一周スキャンすれば、半径3.5メートル以内の空間データが採集でき、所要時間は約一分間。なので、現時点のスポットをスキャン完了後、企画ルートに従って作業員が現場で設備を次のスポットへ移動させる必要がある。最高精度で室内空間を還元するため、この二つのスポットの距離は最大で3.5メートルを超えないようにしてください。

Q

スキャンしたモデルの引き渡すスピードはどれくらいなのか?

A

バックグラウンドのモデルの順番待ちの状況により、引き渡す時間が異なる。500平米の普通部屋の場合、モデルをアップロードしてから稼動日二日間以内に引き渡すことができる。500-1000平米の場合はは約稼働日四日間でユーザーのバックグラウンドシステムに引き渡すことができる。かなり複雑な大型空間の場合はもっと長い時間が必要になります。

Q

一部屋をスキャンするにはどのぐらいかかるか?

A

通常は80平方メートルの普通部屋をスキャンするのに最速で40分で完成できる。

Q

3D実景はどんなファイルで顧客に引き渡すのか?

A

場面はURLの形式で送信する。ウェブサイト、facebook、twitter、APPでこのリンクを嵌め込み、生成した場面を遠隔共有が実現できる。

Q

設備を無人機に乗せて撮影できるか?

A

できないです。この設備の原理は無人機が採用している傾斜撮影と違い、三脚で安定させる必要がある。両者にそれぞれの特長があり、室内外違う場面に応用する。但し、無人機で撮影したパノラマ写真を3D作品に導入し、室外空撮と室内3D作品を自由に切替えることができる。

Q

設備は小物をスキャンしてモデリングできるか?

A

3DNestの三次元カメラは基本的に大きいな場面に対するスキャンとモデリングに使用され、小物のモデリングには適用しない。ペアリングの小物モデリングフォーマットを使用すれば、小物の3Dモデルを我々の3D大型シーンに入れることが可能。

Q

電源は飛行機や電車に持ち込むことが可能なのか?

A

可能です。弊社が提供している電池は國際民航総局の関連ルールに符合し、飛行機に持ち込める。但し、空港による規定の違いで、一部の航空会社が空港で電源鑑定を要求する可能性があるので、通常の搭乗手続き時間より30分ほど早めにチェックインしてください。

Q

スキャンの設備は持ち出しに便利なのか?サイズはどれくらいなのか?

A

全体的に設備は持ち歩きに便利である。設備は立方体でサイズが210x203x125mm、専用のキャリアバックを付けている。スキャンカメラは複雑な精密機器なので、取り扱いにご注意ください

Q

設備の保証期間はどれぐらいなのか?

A

3DNestの保証期間は一年間とする。但し、下記の情況に該当する場合は、保障対象外とする:
1)製品の取扱説明書の要求通りに使用、メンテナンス、手入れしないことによる故障。
2)勝手に設備を解体することによる故障。
3)不可抗力による故障。

Q

電池容量はどれぐらいなのか?フルパワーに充電したらどのぐらい使用できるか?

A

電池容量は10000mAで、フルパワーに充電すれば5-6時間連続稼動できる。オプションで電池をもう一つ備えれば、電池をローテーションに使用することで24時間止まらずに稼動できる。電池は約3時間で充電完了。

Q

設備の使い方は簡単なのか?専門の訓練が必要があるか?

A

設備の操作は簡単で、弊社の教育ファイルとビデオさえ見れば、1時間以内に設備の操作がマスターできる。

Q

データをこちらのサーバーに保存することはサポートするのか?

A

今現在は支持しない。ご覧になる3Dモデルは綜合的な全体システムであり、フロントグラウンドにより違うバックグラウンドのデーター(三次元データ、パノラマデータ、ラベルデータ)を呼び出し、最後的にサイト端末の三次元効果を実現する必要がある。ローカルサーバーに保存すると、モデル情報を編集できなくなる。また、タイムリーに更新するフロントの展示効果とバックの技術サービスもお楽しみできなくなる。なので、、現在アリババのクラウドなどの公共なクラウドに保存するのは、お互いにとって最も効率が高くて、コストが低い方法である。

Q

データはどこに保存されるか?

A

データは日本アリババクライドのサーバーに保存される。アリババは世界有名なインターネット会社で、アリババのクラウドサーバーは海外のサーバーの中に最も安定的、快速なサーバーの一つである。

Q

室外のシーンにサポートできるのか?例えばリゾートエリアなど。

A

今現在設備は観光リゾートエリアなどの大型アウトドアのシーンにはサポートしていない。その理由は、まずアウトドアの空間情報が複雑であり、次いでは公共場所に人の動きが多くて動態的なので、モデリングの品質に影響するからである。但し、室外周辺の局部空間にはサポートできる。或いは、室外に普通なパノラマ写真を用い、室内に3DNestの3Dスキャン技術を利用し、両者を組合わせて全体な室内&室外作品を作れる。

Q

3DNestの3D-VRのメリットは?

A

(1)ターゲットの顧客が空間内で自由に楽しめるように、お客様のスペシャル空間を全面的にディスプレーする。
(2)販売方案をアップグレードし、空間内にイメージ情報、ビデオ情報、音声情報などを通じて顧客とインタラクティブが取れて、場面の情報を観衆にディスプレーする。
(3)Facebook、Twitter、ウェブサイト、APPを通じて快速的に空間を共有することができ、あらゆるプラグイン或いはアプリケーションをインストールする必要がない。

Q

3DNestが提供する主なサービスは?

A

3DNestが三次元スキャンカメラとクラウド快速モデリングサービスを自主的に研究開発・販売し、同時に、空間モデリングの需要がある顧客にワンストップ式の自宅訪問サービスを提供することも可能である。

Q

3D-VRは従来の写真、ビデオなどにくれべて、そのメリットは?

A

3D-VRは全く新しいブラウズ体験であり、写真よりもっと真実な体験、もっと豊富な情報を提供することが出来、ビデオよりもっと自由、見たい部分をタッチするだけで良い。

Q

3D-VRとパノラマ写真の区別は何?

A

3D-VRは現実な空間に基づいて還元した空間三次元モデルであり、パノラマ写真は違う角度と方位で撮影した写真に対して繋ぎ合わせた二次元写真である。パノラマ写真と比べ、3D-VRは下記の特徴がある。
(1)スキャンした部屋と空間の全体モデルを生成して、サイトで見ることができる。
(2)部屋と空間の中でウォークスルーすることが楽しめる、パノラマ写真のように違うポイントの写真の切り替えではない。
(3)三次元OBJフォーマットのファイルが生成でき、3Dソフトの使用経験があるユーザーはmeshlab、3DSMAXでOBJファイルを編集することができる。
(4)空間のサイズを測定することができる。(5)3D-VR撮影コストはパノラマ写真より大幅に安くなります。